就活にオススメのコスパ良い腕時計まとめ!予算別

就職活動をしている人にとって、自分がどう見られているのかはとても気になります。特に、腕時計を見ればその人の人格が分かるという言葉があるように、時計は自分が思う以上にチェックされているもの。

それだけに、必需品の中でも特に慎重さが必要な時計選びのための情報を、価格帯を分けて予算別でお届けします。

就活で選んでいい時計、ダメな時計

これから就職活動をはじめようとしている人にとっては、準備するものがたくさんあります。リクルートスーツにYシャツ、ネクタイに革靴など、普段身に着けることのなかったアイテムをそろえることから就職活動はスタートします。

そして、中でも気を付けて選んでもらいたいものが、腕時計です。
今では欠かせないアイテムにスマートフォンがありますが、若い人の中にはスマートフォンのモニターで時間を確認すればよいと考え、時計をしない人も増えています。そのため、どのような時計を選ぶべきかわからない、という就活生も多いのです。

一口に時計といっても、形状や材質、それにメーカーなど、そのタイプはさまざまです。まずは、時計のタイプを見ていきながら、選ぶときの注意点を見てみましょう。

【デジタルよりアナログ】

【デジタルよりアナログ】

時間の表示のしかたには、大きく2種類あります。長針と短針で時刻を表す「アナログ」と、電子表示する「デジタル」です。それぞれに長所と短所があります。アナログ時計には、人間の長い間の視覚的な慣れで、パッと見ただけで直感的に時間を読み取ることができます。

一方、デジタル時計は、細かい時刻まで正確に把握することができる点が、その長所だと言えます。就活には、デジタルは避けて、アナログ時計を選んでください。

一般的な通念では、デジタル時計は軽い印象を持たれてしまいます。それぞれの企業で高い地位にあって、デジタル時計をしている人も確かにいます。

しかしそれは、その企業において一定の実績や経験、評価を得ている人です。これから社会に出て仕事をしよう、そのために企業に選んでもらおうという立場の就活生が、デジタル時計をしていては、どこか真剣さが薄らいだイメージを持たれかねません。

ですから、デジタル時計は避け、アナログ時計を選ぶことが無難でしょう。

【長方形よりも丸型】

時計の形状にも、いろいろなタイプがあります。最もポピュラーなのは丸型です。

また、長方形、それも縦長と横長それぞれの形があります。あるいは、三角形であったり、ハート型などといった変わったタイプも見られます。そして、どのタイプにも、大きいものから小さいものまで、サイズもいろいろあります。

就活向きの時計は、なんといっても丸型の時計で、あまり大き過ぎないものを選んでください。三角型やハート型が就活で不向きである理由を説明する必要はないでしょう。

丸い形がおすすめな理由は、最も一般的な形であり、機能的でありながら目立たないということが一番です。四角型は、だいぶ一般的になってきて低価格のものも売られるようになったとはいえ、高価なブランド品と見まがう人もいるため、不要な勘ぐりをされたりする可能性もあります。

ですから、安全に丸型を選んでおくことが良いでしょう。

【色付きよりも白い盤面】

時計の盤面を見てみると、白、黒、ブルー、ピンクなど、実はさまざまな色のものがあります。時計をアクセサリーに見立てる人も多いように、文字盤の色は自分自身のキャラクターやファッションセンスを主張するものとして考えている人もいます。

就活には、白の文字盤の時計を選んでください。黒やピンクといった色は、禁物です。白の文字盤に次いで多いタイプがブルーですが、就活には避けたほうが安全です。

ファッションにおけるコーディネートの基本的なルールとして、多くの色を使わないということがあります。スーツやネクタイはブルー系、靴とカバンは黒というパターンが多く、Yシャツは白がマスト。

その中の色で選ぶとなると、就活用の時計に最も見合う色は白になります。

【ベルトは革ではなく金属】

【ベルトは革ではなく金属】

時計のベルトには主に、金属のものと革のものとがあります。金属タイプは、耐久性があり手入れも簡単というメリットがある一方で、バックルや長さ調整などのメンテナンスが難しいというデメリットもあります。

一方、革のベルトは、馴染みやすく着け心地がソフトではありますが、丁寧に扱わないと汚れが目立ったり耐久性が低くなるので慎重さが必要です。

就活には、革ベルトは避けて、金属のベルトのものを選んでください。革ベルトの時計には、カジュアルというイメージを抱く人が多く、面接などの場には不向きです。ただし、金属アレルギーである場合などは、体への影響を優先して革ベルトを選んでください。

金属ベルトにはゴールドのものもありますが、色はシルバーにしましょう。カバンの留め具とズボンのベルトのバックル、そして時計のバンドの色を合わせることも基本の1つですし、ゴールドではあまりにも主張が強すぎます。

【多機能なものよりもスマートさ】

ダイバーズウォッチなどをはじめとして、多彩な機能を備えている時計があります。日常生活のみならず、海や山などあらゆるシチュエーションに適した高性能な時計がそろっています。

しかし、いくつものリューズ(時刻合わせ用などのネジ)が並んでいたりするような、派手な装備品が付属しているタイプは控えましょう。また、盤面の数字や文字が特徴的すぎるタイプも選ぶべきではありません。就活には、過度なファッション性や高機能性は必要ありません。シンプルさとスマートさが求められるのです。

就活におすすめの時計~10000円

【メンズ】

CASIO(カシオ)MTP-1228DJ-7AJF 5500円+税

落ち着きのあるデザインと視認性に優れた設計で、就職活動にピッタリな時計です。5気圧防水が施されており、平均月差も20秒以内。さらに電池寿命も約10年と性能は十分。就活生の中には、今まで腕時計をしたことがないという人もいると思いますが、そんな人におすすめしたい時計です。このクオリティーの高さを5500円という価格で提供するカシオには、脱帽です。

SEIKO5(セイコーファイブ)SNXS73 7700円+税

セイコーファイブは、セイコーの海外生産ラインとして腕時計を提供しているブランドです。ファイブとは・切れないゼンマイ(ダイアフレックス)、耐震装置(ダイアショック)、自動巻き、防水機能、デイ・デイト表示、という5つの特徴に由来しています。セカンドラインとはいえ、その品質は折り紙付き。セイコーブランドの時計が10000円を切る価格で買えるとは驚きです。

【レディース】

CASIO(カシオ)LTP-1129AA-7BJF 3900円+税

メンズのみならず、レディースウォッチにおいても優れたコストパフォーマンスのカシオ。デジタルのイメージが強いメーカーですが、アナログにおいてもそのクオリティーには定評があります。5連の金属ベルトがしなやかさを演出してくれるLPTモデルは日常生活用防水機能付きで、平均月差も20秒前後。電池寿命も約3年と、4000円を切る価格の時計としては最高レベルの品質です。

ALBA(アルバ)AQHK432 5000円+税

セイコーブランドの1つであるアルバは、シンプルでオーソドックス、かつ高品質な時計を驚くほどの低価格で提供するブランドです。若い人の中には、セイコーを大人のブランドととらえている人も少なくありませんが、アルバはそのデザイン性の高さと安定した品質の高さで、若い世代にも信頼を得ています。

このモデルも10気圧までの生活防水機能付きで、平均月差は20秒以内、電池寿命も3年と申し分のないクオリティー。セカンドラインとはいえ、セイコーグループの時計が5000円で買えるので、準備に出費がかさむ就活生には最適なアイテムです。

就活におすすめの時計10000~30000円

【メンズ】

SWISS MILITARY(スイスミリタリー)ML-286 19000円+税

1990年にスイスで生まれた時計ブランドのスイスミリタリー。もともとはカジュアルウォッチからのスタートでしたが、時計づくり大国であるスイスメイド・クオリティーが高く評価され、今ではビジネスシーンでも厚い信頼を得ています。MLシリーズは、あえて必要最小限に抑えた機能がもたらすシンプルなデザインが特徴で、フレッシュな就活生の毎日をサポートしてくれるでしょう。

ORIENT(オリエント)WV0551ER 27000円+税

高品質な時計をつくることに定評のあるオリエントの時計には、伝統的なスタイルの中に、独特の落ち着きと味わいがあります。時代に合わせて常にデザインを更新しているので、古さを感じさず飽きの来ない仕上がりになっています。就活を経て社会に出てからも大切にしたいと思える一品です。

CITIZEN(シチズン)AT2360-59A 30000円+税

品質への信頼とネームバリューで、時計ブランドと言えば欠かすことのできないシチズン。その最もスタンダードな「シチズンコレクション」ブランドには、ビジネスはもちろん、あらゆるシーンに対応可能な時計が、手頃な価格でラインナップされています。紹介するAT2360-59Aは、スタンダードな中にも現代風な若々しさが加味されたデザインが特徴。学生から社会へと旅立つ時期にマッチする時計と言えます。

【レディース】

Wicca(ウィッカ)KH9-914-15 15000円+税

シチズンのセカンドラインであるウィッカは、スタンダードなスタイルの時計を、若い女性向けにアレンジしたデザインが特徴です。オーソドックスでありながらどこか可愛らしいテイストで、かつ高品質とあって、学生から30代まで幅広い女性の人気を得ています。爽やかに活動したい就活生にもピッタリです。

SEIKO(セイコー)SWFA151 24000円+税

フェミニンブレスが女性らしさを演出してくれる、キュートさとエレガントさを合わせ持ったデザインの時計です。クオリティーも、セイコーとあって間違いなし。ソーラータイプなので、日中に着けているだけで充電できるので、電池交換の手間も不要。就活が終わっても、いつまでも大切にしたいと思わせてくれる時計です。

NIXON(ニクソン)TIME TELLER MILANESE , 37 MM 19000円+税

アメリカの腕時計メーカーのニクソン。1998年にカリフォルニアで産声をあげた比較的新しいブランドで、もともとはサーフ、スケート、スノーの3Sのスポーツを楽しむ人のために設計・デザインされた商品を発表することからスタートしました。

各国の有名人が愛用するようになったことで脚光を集め、スポーティーなスタイルのみならず、ビジネスシーンでも使えるデザインも高い評価を受けています。同社のベストセラーであるタイムテラーモデルは、エレガントさとシンプルさを兼ね備え、就活の場にもしっかりと適応してくれる時計です。

就活におすすめの時計30000~50000円

【メンズ】

SEIKO(セイコー)SARY055 45000円+税

就活を機会に、ずっと愛着をもって使い続けたいと考えている人には、セイコーが時計づくりへの特別な思いを込めて立ち上げたブランド、プレサージュをおすすめします。機械式時計へのこだわりをはじめ、伝統を受け継ぎ、後世に伝えようとする高い意識が込められています。

ベーシックラインのラインナップなら、50000円を切る価格で一生ものの時計に出会え、就活生ならSARY055が最適です。

TISSOT(ティソ)T063.610.11.037.00 38880円+税

スイスの老舗として知られるティソは、1853年の創業から今に至るまで、時計職人の伝統技術を伝え続ける老舗腕時計ブランドです。このトラディションは、スイス時計の定番であるサファイアクリスタルを使ったドーム型の盤面ガラスやドルフィン針を採用。

薄型の丸いケースと7連ベルトが上品さを感じさせ、就活のみならずビジネスシーンで長く愛用できます。

【レディース】

LUKIA(ルキア)SSVN029 37000円+税

ラテン語の女性名で光を意味するルキア。セイコーブランドの1つであるルキアは、その名の通り、自分らしさを忘れないポジティブな女性に輝きを与えてくれる時計として、多くの働く女性に支持されています。中でもSSVNシリーズは、クリアコーティングされたサファイアガラスと、視認性とデザイン性を融合させた文字盤の組み合わせが若々しい清楚さを演出してくれるので、就活中の女性にはぴったりです。

XC(クロスシー)XCB38-9132 48000円+税

常に前を向いて歩む女性をサポートするために、シチズンが1996年に立ち上げたブランドがクロスシー。「上品」「上質」「洗練」をコンセプトとしたラインナップは、デザイン性の高さと確かなクオリティーで、国内トップクラスのシェアを誇っています。

就活には、丸い盤面とステンレス三連ベルトのXCB38シリーズのうち、9132番がおすすめ。プラチナ成分配合のコーティングによって美しさを保ち、長く使い続けることができます。

いい時計選びは就活成功の1つの鍵

就職活動では、その人のあらゆる面を見られます。限られた時間の中で、自分をしっかりとアピールし、評価を得なければなりません。そのような時に、第一印象をよりよく持ってもらうことはとても重要ですし、そのために身だしなみには細心の注意を払いたいものです。

中でも時計は、その人の内面を表すアイテムと考えている人が多いので、時計選びには慎重さが必要です。
就職活動にマッチする時計をしっかり選んで、あなたの明るい未来につなげてください。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。