就活解禁直前!就活生が1月・2月に差をつけるために行うべきこと

就職活動はその後の人生を大きく左右することとなるとても大切なイベントです。

就活が解禁される時期は同じですが、事前に準備をしておくことでライバルたちに差をつけることができます。

ここでは就活前に差をつけるために行うべきことについて解説します。

就職活動のスケジュールを立てる

就職活動のスケジュールを立てる

就職活動に限ったことではありませんが、目標を達成するためには大まかでもよいのでスケジュールを把握しておき、そのスケジュールを基にして現在出来ることをこなしていくことがとても重要です。

就職活動は半年近くの長期間行う事となるので、スケジュールをきちんと立てることができるかどうかで就職活動期間を無駄なく過ごせるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

就職活動をする人全員が押さえておかなければいけないスケジュールとしては就活解禁後の3月に開催される企業説明会があります。

この企業説明会が始まるまでにあらかじめ自分がどのような仕事をしたいのかを考えておくようにしないと、企業説明会が開催されたときにどの企業の説明会に行けばいいのか分からなくなり、ライバル達から大きく出遅れることになります。

この企業説明会までに自分のやりたい仕事などを見つけるためには冒頭にも説明した就職活動前の下準備がとても重要になるのです。

関連記事:「就活はやることがたくさん!就活時の計画の立て方」、「就活準備で本番までに必ずやるべき8つのこと

自己分析をし、情報収集をする

自己分析をし、情報収集をする

自分の将来に対するビジョンが明確になっている人ほど就職活動をする際に迷うことなく行動できます。

それは自分の目指すべき未来が見えているから就職活動が始まる前にすでに入念な下準備が出来ているからにほかなりません。

就職活動が始まる時期は全員同じなのですが、就職活動前の下準備に関してはいつから始めなければいけないという決まりはありません。

下準備は早ければ早いほど時間にも気持ちにも余裕を持って取り組むことができます。

自分の将来を考えて就職活動後どのような道を進んでいくのかを考えるにあたって自己分析は必要不可欠です。

就職活動をするうえでも自分の気持ちを一番に考えて就職活動をおこなうことが就職活動自体を成功させ、就職後も長期間同じ職場で働くためにはとても重要です。

自分のやりたい職場に就職しないまま、周りの意見に流されて就職したとしても自分がやりたい仕事ではないことが多く、いずれ働くことが苦痛となってすぐに辞めてしまう場合が多いです。

自分はこれからどうやって生きていき、どのような仕事をしたいのかは過去の自分と向き合うことで見つかるかもしれません。

そのため就職活動をする前には自分のこれまでの経験を見つめなおし、自己分析をする必要があるのです。

自己分析は自分自身で行うことも出来ますが、もっと客観的な意見が聞きたければ知人や友人に自分の事を話してもらいましょう。

時には嘘のない意見に腹立たしい気持ちになるかもしれませんが、その意見も自分自身の事を他人が見た時の率直な感想です。

客観的に、そして様々な方向から自分自身を見つめなおすようにしましょう。

自己分析をしていくことによって、何となくでも自分が将来やってみたい仕事が見つかったら次の段階に進みます。

就職活動に限ったことではありませんが、目的を達成するためにはスケジュール管理の他に情報収集もとても重要です。

自己分析が終わった後に行うべき情報収集は業界研究です。世の中の仕事は全ていくつかの業界に分かれています。まずは自分が働きたいと感じた業界の研究をおこないましょう。

そしてそれが終了したら、その業界に関連している業界に関しても研究をしておきましょう。関連する業界の研究をすることによってよりメインとなる業界のことが分かるようになります。

もしも自己分析をしても自分が働いてみたい業界が明確にならなければ先入観を捨ててさまざまな業界を研究してみましょう。

業界研究をすることによって自分が頭の隅にもいれていなかったような業界に興味を示すようになることだってあります。なんとなくでもいいので、興味を持った業界が見つかれば更に深く情報収集をおこないます。

就職活動をする期間には限りがあるので、自分が興味を持った業界の中から実際に選考試験にエントリーしようと考えている企業を数十社に絞り込まなければいけません。

会社を絞り込むためにはその会社がどのような企業かについて研究をする必要があります。

その企業については会社の公式ホームページをチェックするのが基本になります。会社のホームページにはその会社の概要や現在どういった取り組みをしているのかが一目でわかります。

会社がどういった取り組みを現在行っているのかを把握しておけば、自分はそれに対してどのような貢献ができるのか考えを得ることができるようになります。貢献できることが見つかれば面接時に大きなアピールポイントとなるでしょう。

また、企業研究をすることはその企業がどういった企業で、どういった取り組みをしているのかを知るだけではなく、現在の経営状態を知るためにも必要です。

せっかく就職したとしてもその企業が倒産寸前の状態であればいずれ職を失い、再び就職活動をしなければなりません。

関連記事:「就活に必須な自己分析のやり方!内定に近づくための自己分析

資格取得を目指してみる

資格取得を目指してみる

企業によっては資格を保有している就職に有利になる場合も多いです。

もし自分が気になっている企業が資格の有無によって優遇の度合いが変わるのなら、就職に有利になる資格を取得しておきましょう。

就職活動の面接時にはたくさん自己アピールが出来る材料を持っておいた方が有利になることは言うまでもありません。先程書いた企業研究ももちろん重要ですが、企業研究は多くの就活生がおこなっているのでよほど詳しく調べない限りそこまで大きな差はつきません。

ところが資格を持っているか否かでは面接官の印象が大きく異なるでしょうし、資格を保有していて損をすることはありません。

関連記事:「就活で持っていれば有利な資格は何かありますか?

就職活動前の準備がその後を大きく左右する

就職活動は何の考えも無しに取り組んでいても時間だけが過ぎて行ってしまいます。

ですから就職活動を成功させ、希望の業界に就職するためには就職活動が始まる前の事前準備がとても重要なのです。

まずは自己分析をして自分が将来どのような生き方をしたいのか、そしてどのような仕事をしたいのかを見つけ、実際にその業界の事や企業の研究をおこなうようにするとよいでしょう。

就職活動前の下準備は早ければ早いほど余裕を持って取り組むことができます。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。