好印象な髪型とは?就活時の適切な髪型とは?女性・男性別に解説

就活に適した髪型を知っておくことは非常に重要です。

髪型次第で自分の将来が決まると言っても過言ではないので、しっかり準備しましょう。

事前に好印象な髪型のポイントをおさえておくと、就活を有利に進めていくことができます。

就活時は清潔感のある髪型が大事

就活中は服装だけでなく、髪型も重要視しましょう。

髪型一つで第一印象が大きく変わってしまうので、十分注意しなければなりません。

男女どちらの場合も、就活時の髪型は清潔感を重視しましょう。清潔感のある髪型であれば、面接官に好印象を持ってもらうことができます。逆に清潔感のない髪型だと、面接で落とされる可能性もあるので十分注意しましょう。

寝癖やフケがあったり、手入れされていない髪型だと、相手にだらしない印象を与えてしまいます。清潔感を出すためには、髪をきちんと整えることが大事です。寝癖のまま面接に行くことがないように、スタイリング剤などを利用して、適度に整えておきましょう。

ただし、スタイリング剤を使い過ぎたり、派手にセットするのは避けるべきです。無香料タイプの整髪料を使って、あくまで自然に整えましょう。

清潔感を出すためには、男女とも顔がしっかり見える髪型にすべきです。髪の毛が顔にかかってしまうと、顔が見えずに暗い印象を与えてしまいます。

就活のために必ずしも黒髪に戻す必要はありませんが、派手なカラーリングやパーマは避けるべきです。面接官に清潔感と誠実な印象を与えるためにも、ナチュラルヘアを心がけましょう。どの程度の明るさがいいか自分で判断できない場合は、美容師さんに相談して、髪を適当な明るさに染めてもらうといいでしょう。

業界によって個性的なヘアスタイルが許容される場合もありますが、就活中は複数の業界で面接を受けることになるため、最も厳しい規定のある業界に合わせるのが無難です。

厳しい規定に合わせて髪型や服装を整えれば、別の業界でも通用します。

好印象を与える女性の髪型

ロングの髪型であれば、後ろで1つに結んだほうが清潔感がアップします。

ロングヘアだからといって必ずしも束ねる必要はありませんが、髪で顔が隠れないようにするためには、束ねておいた方が無難です。髪をまとめることで顔まわりがスッキリして、好印象につなげることができます。

髪をまとめてしまえば崩れにくくなるため、面接が長引く場合でも安心です。髪をまとめることで肌の露出も多くなり、見た目も明るくなるので、ダウンスタイルはなるべく避けるようにしましょう。

髪をまとめる際は、オーソドックスなポニーテールにするのがベストですが、ハーフアップにしてもかまいません。どちらの場合も、面接の途中で髪がほつれてくることがないように、ワックスをなじませて髪にまとまりを出しましょう。

女性はおでこを露出したほうが明るい印象になるため、前髪を短くするか横に流して、おでこが隠れないように注意しましょう。

ななめ前髪は見た目に清潔感があり、顔の表情もはっきりわかるため、就活に最適なスタイルだといえます。前髪が長い場合はサイドに流してピンなどでとめておきましょう。仕上げにヘアスプレーを少量吹き付けると、前髪をきれいにキープすることができます。

ショートヘアやミディアムヘアなど髪が短めの女性も、顔がはっきりと見えるようなセットを心掛けましょう。ダウンスタイルにする場合は、顔が隠れないようにサイドの髪を耳にかけておきましょう。

女性の場合、髪をまとめる際に髪留めを使っても問題ありませんが、スーツに合うように、なるべくシンプルなものを選びましょう。

プライベートで使っているような派手な装飾の髪留めを使うのは避けて、ダークカラーの髪留めを使ってスーツとの一体感を演出しましょう。ゴムやピンの色もスーツに合わせるようにして、髪型とスーツに一体感が出れば見た目の印象も良くなります。

就活でNGな女性の髪型

就活では乱れやすい髪型は避けて、長時間の面接でも乱れにくい髪型を選びましょう。

就活では何度もお辞儀する場面がありますが、その度に髪の乱れを直していると、相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

髪の乱れを直す必要がないように、ピンやゴムなどであらかじめまとめておくのがベターです。短い髪であればダウンスタイルでもかまいませんが、ロングヘアであれば必ずアップスタイルにしましょう。

ぱっつん前髪はビジネスの世界ではあまり好まれないため、避けた方が無難です。ぱっつん前髪を禁止している企業もあるので気をつけましょう。

前髪の長さにも注意が必要です。前髪が眉上の短さで、なおかつ、ぱっつん前髪である場合、個性的すぎてビジネスの場にふさわしくないと判断されます。

就活中は個性を出すよりも、清潔感をアピールすることが重要です。前髪はそのまま下ろすよりもサイドに流した方が、おでこが出て明るく落ち着いた印象になります。スプレーやワックスを使って、前髪が乱れないように固定しておきましょう。

パーマ自体はNGではありませんが、就活ではパンチパーマやドレッドヘアなど派手なスタイルは避けるべきです。天然パーマやクセ毛など、ゆるいパーマであれば問題ありませんが、根元から強いパーマをかけてしまうと、就活にやる気がないように見えてしまいます。

髪型で減点されることがないように、強いパーマは避けましょう。

パーマには髪が傷みやすい特徴があります。髪の毛の痛みが目立ってしまうと、面接時に不利に働く可能性もあるので注意しなければなりません。

髪が傷んでいるだけで清潔感がなくなり、マイナスイメージを持たれやすくなります。すでにパーマをかけている女性であれば、うしろ髪をシニヨンでまとめれば、パーマ自体を隠すことができます。シニヨンは見た目に清潔感があり、髪が乱れる心配もないので、就活に最適です。

女性の場合、髪型だけでなくメイクにも気をつけなければなりません。派手なメイクは避けて、清潔感あふれるナチュラルメイクを心がけましょう。

自分ではナチュラルメイクだと思っていても、他人から見ると派手なイメージを抱かれることもあるので注意が必要です。親や友人などにメイクの仕上がりを見せて、問題がないか確認してもらいましょう。

好印象を与える男性の髪型

男性はおでこを出したほうが清潔感や爽やかさが増すため、就活には前髪短めのショートヘアスタイルが最適です。

おでこを出すだけで活き活きとした印象が出るため、前髪はなるべく短くカットしましょう。前髪は眉毛より上までカットして、顔が隠れないように注意すべきです。

前髪をサイドに流しておでこを出すと、さらに爽やかな印象がアップします。印象を決める上で前髪は非常に重要なポイントになるため、手を抜かないようにしましょう。

顔が隠れないように、髪の長さは目、耳、襟足に掛からない程度にするのがベストです。夏場は汗をかいて襟足が濡れやすくなるため、あらかじめ短く切っておくのが無難です。

襟足が汗で濡れていると、それだけで清潔感を損なってしまいます。襟足は鏡で確認しづらい場所ですが、面接官は後ろ姿もしっかり見ているため気をつけなければなりません。普段汗をかきやすい人は、さっぱり刈り上げておくといいでしょう。

もみあげも短くカットして清潔感を出しましょう。もみあげが長いとヒゲと間違われてしまうこともあるので、耳たぶの長さを超えないように、あらかじめ短くカットしておくのが無難です。もみあげが短いと顔の輪郭がはっきりするため、清潔感も増します。

髪をスタイリングする前に、一度ブラッシングをしておきましょう。寝癖がなおらない場合は、一度水につけてからブラッシングすると、スタイリングしやすくなります。

スタイリングする際は、ジェルやワックスなどを使って髪のバラツキを抑え、スーツに合うように見た目を整えましょう。ヘアアレンジをする際は、あくまでナチュラルな雰囲気を心がけることが大切です。

就活でNGな男性の髪型

男性の長髪はだらしない印象に見えるため、就活では避けるようにしましょう。

髪を染めていなくても、髪が長いだけで印象が悪くなってしまうので注意しなければなりません。特にサイドの髪と襟足が長いと、顔が髪で覆われてしまうため、不潔感が出て印象も暗くなってしまいます。

就活ではおしゃれを意識するのは避けて、あくまでビジネスマンらしい髪型を心がけましょう。

眉毛が隠れてしまうほど重い前髪だと、清潔感に欠けてしまいます。前髪が長すぎると目元がはっきりせず、印象もぼやけてしまうので注意が必要です。目元がはっきり見えるように、前髪は短くカットしておきましょう。

ワックスやジェルのつけ方にも注意が必要です。ワックスやジェルをつけすぎてしまうと、髪にツヤが出過ぎてしまい、不潔な印象を与えてしまいます。ワックスやジェルはあくまで髪を整える程度に少量だけつけましょう。

男性の場合は、就活中にヒゲを生やさないように注意しましょう。ヒゲは就活に不向きなので、必ず剃ってから面接に向かいましょう。ヒゲが薄い人も、面接に行く日は必ず剃っておくことが大事です。

プロからアドバイスをもらおう

就活でどのような髪型にすればいいか迷った時は、プロからアドバイスをもらうのも一つの方法です。

自分でスタイリングしていると、どうしても自分中心に考えてしまうため、人からどう見られているのか客観的な判断に欠けてしまいます。親や友人にアドバイスをもらうのも一つの方法ですが、素人のアドバイスには間違った部分もあるので、必ずしも得策とは言えません。

髪型やメイクなどで困った時は、プロの美容師に相談してみましょう。美容師と相談しながら髪型を決めていくことで、大きな失敗を防ぐことができます。特にカラーリングは素人では判断しにくい部分もあるので、美容師からアドバイスを受けるのが一番です。

就活に向けて金髪から黒髪に戻す場合は注意が必要です。金髪などの明るい髪から急に黒髪に戻すと、かえって不自然になってしまうため、マイナスイメージを持たれる可能性があります。急に黒髪に戻すよりも、徐々にトーンダウンしていったほうが、かえって自然な髪色になります。

就活直前にカラーリングするときは、どうしたら自然に見えるか、美容師のアドバイスを受けながら決めていきましょう。

業界によっては就活でカラーが許される場合もありますが、就活中は黒髪もしくはダークブラウンなど、暗めのカラーにするのが常識です。内定をもらえるまでオシャレは我慢して、なるべく地毛に近い色に戻しましょう。

もともと黒髪だった人であれば問題ありませんが、これまで明るい髪に染めていた人は、美容師と相談しながら染めていきましょう。自分で髪を染めるとムラができやすいため、必ず美容院で染めてもらいましょう。

髪型の好印象ポイントをおさえておこう

就活では面接時間が限られているため、髪型や服装だけで自分の印象が決まってしまいます。人生の行方を左右する就活を成功させるためにも、好印象を与える髪型のポイントをしっかり把握しておきましょう。

男女どちらの場合も、就活の髪型は清潔感を出すことが大事です。事前にしっかり準備しておけば、気持ちに余裕を持って面接にのぞむことができるでしょう。

髪型についてわからないことがあれば、事前に美容師に相談しておきましょう。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。