プレゼン面接のコツ!面接官に響くプレゼンを行うための方法

就活では様々な面接方法があり、その中でも徐々に導入されてきているのがプレゼン面接と呼ばれるものです。

あまり聞き慣れない面接方法にどのように対応すればいいのか悩む人も多いでしょう。今回は面接官に響くプレゼンを行う方法をご紹介します。

プレゼン資料を作る際の方法

プレゼン資料を作る際の方法

プレゼン面接ではプレゼンをする時だけでなく、事前に資料を作成して提出しておかなければいけない場合があります。そんな資料作成の方法でポイントとなるのが、スライドや1枚の紙に情報を詰め込み過ぎないことです。

自分のことをアピールしようとしたり、印刷枚数が増えてしまうことに躊躇するとついつい1か所に情報を凝縮してしまいがちです。スライドでも紙でも1枚(1か所)に情報が集中するのは読みづらくなる原因になりますから、できる限り1つのスライドや紙には1つのメッセージや情報を入れることを意識して作成するようにしましょう。

他にも文字ばかりの資料だと読みにくく、内容に退屈してしまったり飽きてしまうことも少なくありません。

そのため、文字だけではなく図なども取り入れるようにしたり、文字が大きすぎたり小さすぎないように、文字の大きさに注意することも重要です。

プレゼンをしている時の方法

プレゼンをしている時の方法

実際にプレゼン面接をする時の方法として重要なのが、結論→理由→結論の流れで話をすることです。

就職活動の面接全般に言えることですが、質問に対して細々と返答するよりもまず結論から話し出すように心がけましょう。これは返答の内容を簡潔にまとめることができるだけでなく、自分の答えやその答えに至る理由を相手にわかりやすく伝えることができるからです。

プレゼン面接も同じで、まず結論からスタートして何をアピールしたいのかを伝え、具体的な理由を説明してからもう一度結論を出すことが望ましいと言えます。その上で、面接官と目を合わせて身振り手振りを入れて話すことで内容をより伝えやすくなります。

内容をアピールする際のポイント

他にもプレゼン面接でアピールする方法に関しては、面接している企業の仕事内容と結び付けることも重要です。

就職活動をする際に、面接を希望する企業の分析は当然行っている人がほとんどでしょう。そのため、分析した内容と自分がアピールしたい内容が合致するかどうか、アピール内容をどうやって企業に活かしていくのかを結び付けていくことがポイントです。

また、プレゼン面接は一般的な面接よりも自由度が高いことから、楽しめる内容にして自分に興味を持ってもらえるように工夫することも大切です。

例えば、アピールしたい内容に関連付けるエピソードを複数用意したり、面接官を発表に引き込むなどの方法が挙げられます。

プレゼン面接は基礎を押さえておくことが大切

プレゼン面接は基礎を押さえておくことが大切

就職活動をする上で、プレゼン面接と一般の面接では勝手が違うことからどのようにすれば面接官に響くのかわからない人は少なくありません。

プレゼンには基本的なルールが設けられているため、ルールに則って自分が何をアピールしたいのか、どのようにアピールすれば相手に伝わるのかという基礎を押さえておけば面接官に伝わりやすくなります。

資料などの事前準備をしておくことが面接対策には重要ですから、その点も踏まえて臨むことが大切です。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。