他の就活生と差を付ける!押さえておくべき電話マナーとは

いくら面接で自分をアピールして面接官に好印象を与えることができても、基本的な電話マナーができていないと内定をもらえなくなる可能性もあります。

ここでは、希望の会社に就職できるように押さえておくべき基本的な電話マナーについてご紹介していきます。

電話をかけるタイミングが適切か考えよう!

こちらから電話をかける時は、会社の就業時間中に電話をするのが基本です。そして、急ぎの要件以外はお昼休みの時間帯にかけるのも避けた方が無難です。相手の都合を第一に考え、「こちらから電話をかけさせてもらう」といった姿勢で電話をかけるようにしましょう。

電話をかけるタイミングを間違えてしまうだけでも、相手によっては「この学生はマナーがわかっていない」といった印象を与えてしまいます。

そのため、電話をかける時も面接を受ける時と同じぐらい気持ちを引き締めるようにしましょう。

電話をかけて相手が不在の場合の対処法について

こちらから会社に電話をしても、担当者が席をはずしている場合があります。その際はこちらからまた電話をかけ直すのがマナーです。

担当者が電話に出ることができる時間帯を聞いてから、再度電話をかけましょう。場合によっては電話を受けた人から「会社側からかけ直します」と言われるかもしれませんが、こちらから電話をかけ直すのが基本ですから断る方がベターです。

しかし、「いつ戻るかわからないのでこちらから電話をします」と言われた場合は電話をかけても良いタイミングがわからないので、「お手数おかけしてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします」とお願いしても問題ないでしょう。

電話対応は基本的なマナーを守りながらも臨機応変に対応していくことが大切です。

電話対応で押さえておきたいちょっとした気遣いについて

就職活動で希望している会社の担当者と電話をする際は、ちょっとした一言を添えるだけでも相手に与える印象が変わってきます。

相手と電話で話す時は、まずは自分の名前を名乗った後、「今、電話の時間は大丈夫でしょうか?」と相手を気遣う言葉を添えた方が印象が良くなります。

今、電話で話しても問題ない時間か、相手の都合を伺う気遣いの言葉を一言添えることが大切です。学生によっては、こういった相手の都合を考えて電話をすることができない人もいるため、他の就活生と差を付けることができます。

相手の立場を考えて行動することができる人間といった印象を与えることができるように、電話をする際は気をつけた方が良いでしょう。

就職活動は電話対応も気を抜かないようにしよう!

就職活動で行われる面接と違って、電話対応の場合は相手の顔が見えない状態で会話をしなくてはなりません。声のトーンや大きさにも注意し、相手に良い印象を持ってもらえるように努力を怠らないようにしましょう。

最初の頃は電話をかけること自体に緊張をしてしまうかもしれません。そういった場合は事前に伝える内容や話す言葉を紙に書き出し、頭の中を整理してから電話をかけるようにすると上手くいきやすくなります。

電話だからと気を抜かず、マナーを守って対応をすることが大切です。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。