あなたは大丈夫?就活生としての身だしなみマナー

第一印象はわずか数秒で決まると言われています。そして、その印象はその後も長く記憶に残ることが多いです。

最初に好ましくない印象を与えてしまうと、いくら面接で素晴らしいことを話しても採用担当者の心には響きません。

ここでは、第一印象に大きく関わる身だしなみについて具体的に見ていきます。

清潔感のある髪型、身だしなみにする

清潔感のある髪型、身だしなみにする

まず、髪の色は明るすぎず自然な色にしましょう。前髪は眉が見える長さにすると意思が伝わりやすく、明るい印象を与えられます。男性は清潔感のある短めのヘアスタイルの方が好印象です。

女性は髪が長い人は後ろでひとつに束ね、おじぎをする際に顔が髪の毛で隠れてしまわないように注意します。最低限の身だしなみとして、寝ぐせがついているのは絶対にNGです。

また、男性はひげの剃り残しがないように、女性はノーメイクを避けてナチュラルなメイクを心がけましょう。

服装はシワや汚れに注意

服装はシワや汚れに注意

服装の基本となるスーツは、サイズ感に気をつけて選ぶようにしましょう。サイズが合っていないスーツは不格好に見えてしまう場合があります。そして、スーツの中は清潔な印象を与える白シャツがおすすめです。きちんとアイロンをかけてシワがないように準備をしましょう。

また、襟元や袖は汚れがつきやすい部分でもあるため、こまめにチェックするようにします。男性の靴下は黒や紺が一般的で、女性は肌色のストッキングを着用します。靴はかかとのすり減りにも注意し、外出前にはきれいに磨くなど汚れがないようにしましょう。

アクセサリーやその他について

アクセサリーやその他について

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、基本的にはつけない方が好ましいとされています。どうしてもつけたい場合は、ビジネスにも適したシンプルなものにしましょう。

香りのきつすぎる香水も避けます。臭いに敏感な人も多いため、周囲に気配りのできる社会人としてのビジネスマナーの基本とも言えますから忘れないようにしましょう。

見た目で損をしないために

就職活動における身だしなみのポイントは、清潔感と明るさの2点です。自分が他人からどのように見られているのか、客観的に意識することで誰でも身だしなみは整えられます。

外出前には鏡の前に立って、社会人としてふさわしい服装・身だしなみをしているかどうか、しっかりと確認するようにしましょう。企業の採用担当者は細かい部分にまで目を光らせています。

第一印象で好印象を与えられるように、身だしなみには十分注意しましょう。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。