自己紹介で印象が変わる!就活時の印象を変える自己紹介方法

自己紹介は就活の面接でよく求められます。「まずは自己紹介をお願いします。」と言われたら、どのように対応するのがベストなのでしょうか。

他の就活生に比べて良い印象を残すための基本的な方法を覚えておきましょう。

自己紹介は志望先の企業に合わせて準備しよう

自己紹介は志望先の企業に合わせて準備しよう

就活ではエントリーした企業に面接で呼ばれたら十分な対策を立てておくことが大切です。面接で最初に自己紹介を求められることは多いので、どのような内容を話すのかをよく考えてスムーズに話せるようにしておきましょう。

自己紹介は第一印象を決める重要なファクターになります。ここでインパクトのある言葉を使って自分の魅力を伝えられると面接官にも覚えていてもらえるでしょう。

自己紹介は単純に自分の名前や経歴などを説明するものではなく、自己アピールの機会だと考えて話をすることが大切です。

その心がけがあるだけで、ただの紹介に終わってしまっている就活生とは差が付きます。

自己紹介は名前や学歴、専攻してきた学問の内容、趣味や特技などの様々な内容を盛り込むことができます。基本的には自分のことを面接官に伝えて、興味を持ってもらうというスタンスで話を準備しておくのが大切です。

自己紹介の中で話した内容に対して面接官から質問されることはよくあります。

履歴書や志望理由書の内容にも言及しながら質問されることもあるため、提出した書類との関連性も念頭に置いてどこに興味を持ってもらいたいかを考えて話す内容を決めることが重要です。

自己紹介の内容を考えるときに大切なのが、志望先の企業に合わせて個々に話を作り上げることです。

就活のときにはかなりの数の企業の面接を受けることになる場合が多く、個々に準備しておくのは大変だと感じるかもしれません。どの企業でも通用するような自己紹介を準備しておけば楽なのは確かですが、企業側としてはあまりインパクトを感じない場合が多いのです。

企業の展開している事業との関連性を持たせたり、経営方針や事業計画などを取り上げて自己紹介に組み込んだりすると印象が良くなります。

あまり事業などに踏み込んでしまうと、自分の情報収集能力不足が露呈してしまうかもしれないと懸念する人もいるでしょう。

しかし、新卒の採用の場合には面接官は即戦力になる能力を求めているわけではありません。

必死に情報収集をして自分なりに解釈し、自分の特技などと結び付けてアピールしようとしている努力を評価してくれます。

志望先の企業に興味を持っていることをはっきりと示す手段にもなるので、大きく的外れなことを言わなければマイナス評価になることはないでしょう。

企業ごとに自己紹介を準備する必要があるのにはもう一つ理由があります。自己紹介に使える時間ややり方も指定されることがあるからです。

1分間や3分間で自己紹介をして下さい、英語で自己紹介をお願いしますといった要求があるケースもあります。個別に準備しておかなければ対応できないのは明白でしょう。

また、ある程度の質疑応答をしてから、あらためてここで自己PRを兼ねて自己紹介をして下さいといった話の流れを好む企業もあります。

質疑応答の内容に応じて自己紹介も変えなければインパクトが弱くなってしまいます。このような流れになり得る場合には自己紹介の内容も複数用意する必要があるでしょう。

例年の面接の内容については情報が広まっているので確認した上で準備を始めましょう。

突然、今年からやり方を変えるという場合もありますが、例年の傾向を知って対策を立てておけばとりあえずは安心です。少なくとも用意周到な就活生と同じ土俵には乗れるので、準備不足の人たちに十分な差を付けられると期待できます。

アピールしたいポイントは絞り込もう

アピールしたいポイントは絞り込もう

自己紹介でアピールすべきポイントが何かで悩んだら、まずは単語レベルで構わないのでリストアップしてみましょう。

長所や特技などを企業との関連性を問わずにまずは書き出してみるのです。

一方で、企業研究を十分に行って、どんな事業を今まで行ってきていて、今は何に力を注いでいる段階にあり、中長期の計画ではどんな分野に事業を広げていこうとしているのかを確認しましょう。

また、志望している職種ではどのような業務を担うのか、その業務に携わるのに重要な適性や性格、人柄などはどんなものかを考えるのも大切です。これらもまた別のリストにして書き出してみましょう。

この三種類のリストを作り上げたら、内容を比較してみるとつながりが見えてきます。

組み合わせ方次第で色々なストーリーを描けるので、どんな形で話を展開したいかを考えつつ、適切な組み合わせを見つけ出しましょう。可能な組み合わせをあらためてリストアップしていき、候補を絞り込んでいくのが効率的な方法です。

自己紹介で何をアピールしたいかをリストアップしていくとかなりの数になるかもしれませんが、多すぎると話が散逸してしまいがちになります。

自己紹介の時間は限られているので、アピールポイントは一つか二つ程度に絞り込んでおくのが無難です。1分しかない場合には1つに絞り込んでおいた方がポイントが伝わりやすいでしょう。

どれを選ぶかで悩んだときには一貫したストーリーにして話せるものを探すのが賢明です。特に二つ以上のアピールポイントを盛り込むときには関連性がないと印象があまり強くなくなってしまいます。

この長所が事業に生かせるポイントになり、こんな性格があるのでこの職種でならきっと現場で活躍できますといった話の展開をすれば長所と性格のアピールが可能です。

話題として取り上げる企業の事業内容を一つに絞り込み、それを軸にして自分のアピールポイントを列挙していくという形に仕上げると一貫性が高くなり、魅力も幅広く訴えかけられます。

一方、自己紹介はあくまで自己アピールをするきっかけとして位置付ける手法もあります。

そこでインパクトのある内容を残しておき、面接官に質問してもらえるように仕向けることも可能です。すると自己紹介の限られた時間の中では伝えられなかった自分の魅力をより詳しく説明できるでしょう。

完全にアピールを完結させるのではなく、面接官にもっと知りたいと思ってもらえるように言葉を選ぶのも効果的なのです。

シミュレーションをした上で挑もう

シミュレーションをした上で挑もう

面接の自己紹介は話をする内容を厳選しておくだけでなく、実際にシミュレーションを繰り返した上で挑むことが大切です。原稿を書いて読むようにして行っている自己紹介ではあまり良い印象を与えられません。

つい棒読みになってしまったり、話す内容を間違えたときに言い直してしまったりして面接官に原稿を作って暗唱しているだけだと思われてしまいます。

その場で内容を考えながら臨機応変に対応して自己紹介をしているかのように思ってもらえるようにすると印象が良くなるでしょう。

原稿を書くのは決して悪いことではありません。

しかし、目の前に面接官がいると思いながら、実際にシミュレーションをしてみるともっと良い話の展開が思いついたり、原稿通りに話さない方が言いたいことが伝わりやすいだろうと気づいたりすることがよくあります。

原稿の表現よりも、実際に口にしてみた言葉の方が自然なことも多いでしょう。口に出して自己紹介をしてみないと本当に内容や表現が良いかどうかはわかりません。

必ず何度もシミュレーションをしてこなれた言葉にしてから面接に挑みましょう。話す速さや抑揚の有無などもインパクトを大きく変える要素です。心配なら録音して自分の自己紹介を聞いてみるのも良い対策方法です。

自己紹介は内容も重要ですが、態度も見られていることは忘れてはなりません。

椅子に座っているときの姿勢も面接の時と同じようにして話をしましょう。目線をどこに置くようにするかも考えておくことが大切です。

どんなに良い内容の自己紹介でも、あまりにも自信がなく、うつむいた様子で話をすると印象が悪くなってしまいます。また、ジェスチャーを使ってインパクトを強めることもできるでしょう。

実際に体を動かしながら面接のシミュレーションをしてみると、どのようにジェスチャーを盛り込んだら良い印象を与えられるかもわかってきます。

試行錯誤を繰り返して、自分なりに納得した上で当日を迎えられるようにしましょう。

自己紹介は自己アピールと考えて準備しよう

自己紹介は自分がどれだけ企業にとって魅力的な存在かをアピールするための機会です。

例年の面接でどのような設定で自己紹介を求めているかを調べ、個々の企業に合わせて内容を決めておきましょう。インパクトを高めるには内容を絞り込むことが大切です。

そして、何度もシミュレーションをしてスムーズに話せるようにしつつ、態度も意識して対応できるようにしておきましょう。

他の就活生に差を付けるためには企業の事業に合わせて内容を決めるのが効果的なので、十分に企業研究をするのも肝心です。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。