就職活動を検討する前に、インターンシップについて考えるでしょう。インターンシップはいつから始めるといいのかご存知ですか。

これから、インターンシップについて時期や内容をご説明しますので、参考にしてみてください。

インターンシップとはどのようなものか?

インターンシップとは就業する体験を通じて、仕事や業界などの理解を深められる制度です。

社会へ出て働く前に体験することで、仕事や企業・業界の研究ができ、納得のいく就職活動ができるようになります。

就職活動を始める前に、就きたいと思っている業界や職種を経験することは大切でしょう。何故なら、就職後に「思っていたのと違う」という理由で退職することを避けたいからです。短い期間で転職をしていると、今後の就職活動に不利な条件を作ってしまいます。

そこで、インターンシップを活用して、事前にその業界や企業について知ることが目的です。インターンシップには、短期インターンシップと長期インターンシップがあり、それぞれ期間や特徴が異なります。

短期インターンシップとは?いつから始める?

短期インターンシップとは、1日~2週間ぐらいの職場体験をすることです。

実務などは伴わないので、グループワークやディスカッション・社員の同行・ビジネスコンテストなどをします。主に企業内でグループワークやディスカッションを行い、業界や職種に就いて理解することが目的です。

社員の同行をして、ビジネスマナーや営業の仕方などを学ぶこともできます。ビジネスコンテストとは、ビジネスモデルなどを参加者が作成し、完成度などを競うものです。短期インターンシップでは、報酬や給与はありません。

対象学年は主に大学3年生で、企業が開催する時期の1ヶ月前に申込みます。多くは、学校の夏季休業と冬季休業の期間に開催されているでしょう。8月や2月に開催され、申し込みは6月や7月、2月に行います。

夏季休業の時に行われるのを「サマーインターン」、冬季休業の時に行われるのは「ウィンターインターン」です。秋に行う企業もあり「オータムインターン」と言います。よって、いつから始めるのかは、その企業の短期インターンシップ参加の数ヶ月前からです。

申し込みは1ヶ月前から1週間前ぐらいになります。しかし、どの企業のインターンシップに参加するか、検討する時間が必要です。

インターンシップの時期は重なってしまい、複数の企業を応募できないこともあります。よって、自分が就きたい職種や企業を検討するためにも、大学3年生になった春から活動を始めるといいでしょう。

短期インターンシップでは、同じ企業内でも何個かのスケジュールが組まれています。通常は1ヶ月前に申込みをしますが、希望のスケジュールに空きがなくても、他の日程に申込めるのです。

長期インターンシップとは?いつから始める?

長期インターンシップとは、1ヶ月以上もしくはそれ以降の長期間で受け入れが可能なインターンシップです。

短期インターンシップは実務を行いませんが、長期インターンシップでは、実務経験をします。つまり、実際に働いている社員と同じ仕事をするのです。

長期インターンシップでは、報酬や給与が発生する場合があり、有給インターンシップと呼びます。時給は約1000円以上、日給も約5000円以上が支払われる場合が多いです。

長期インターンシップの対象学年は、大学1年生から卒業年度まで、全学年が対象になります。特にスタートアップ企業やベンチャー企業では、やる気のある人や技術・資格を持っている人であれば、大学1年生から長期で働く環境を整えているようです。

大手企業でも長期インターンシップを受け入れる体制にしています。長期インターンシップを経験することで、その企業自体への就職が有利になるでしょう。また、他の企業に応募する場合でも、実務経験などをアピールすることができます。

長期インターンシップに応募する時期は、特に決まっていません。通常は夏季休業や冬季休業から始まり、その後もインターンシップを続けたいと伝えます。

多くの企業は1年間を通じて募集しているので、長期インターンシップをしたいと思った時点で応募可能です。

インターンシップの申込み方法とは?

インターンシップを申し込む際には、学校の先生やキャリアセンター、就職情報サイトなどから申し込みます。

また、インターンシップの説明会やイベント、先輩経由で申し込むことも可能です。就職したい職種が決まっている場合は、先生や先輩などがすすめる企業にインターンシップをすることもあります。学校によっては、インターンシップ自体が単位として認定されることもあるでしょう。

学校の先生や先輩からの紹介でインターンシップをする場合には、その企業の特徴や体験談などを聞ける可能性もあります。幅広い業界や職種で探している時には、就職情報サイトなどがいいでしょう。就職情報サイトはインターンシップに応募可能な企業を集めているので、多くの企業から選択できます。

申し込みをする時には、エントリーシートが必要です。企業によっては、履歴書が必要になります。また、自己紹介書や志望理由書などを書く場合もあるようです。インターンシップは就職活動とは異なるため、提出書類が不要な企業もあります。エントリーシートなどを提出する時には、志望理由や自己PRを記載するので、事前に考えておいた方がいいでしょう。

大学1年生や2年生がインターンシップをしたい場合

大学1年生や2年生でも、インターンシップをしたいと思う人もいるでしょう。

就職活動を早めにしたい場合、先にインターンシップで体験し、業界を理解することは大切です。短期インターンシップでは、大学3年生を対象にしていることが多いため、参加できる企業数が限られてしまいます。

その場合は、長期インターンシップを申し込むといいでしょう。長期インターンシップでは、給与が発生するのでアルバイト代わりに参加する人もいます。早い時期から長期インターンシップに参加することは、在学中から同級生と差をつけることができるでしょう。

就職したい職種や企業が決まっている場合は、長期インターンシップへ積極的に応募することをおすすめします。

インターンシップは短期と長期がある!それぞれに合わせて、数ヶ月前から準備しよう!

インターンシップには、短期と長期があります。短期の場合は、大学3年生の夏季休業や冬季休業に数週間行うことが多く、いくつもの企業で参加するのは難しいでしょう。

よって、応募可能となる1ヶ月前よりも前に、体験したい職種や企業を検討しておく必要があります。長期インターンシップは大学1年生から可能です。

体験したいと思った時に、すぐに応募できるでしょう。このように、インターンシップには種類があり、応募できる期間も異なります。

これを参考にインターンシップの特徴を知り、それぞれの希望に合った応募をしてみてください。

 

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。