新卒で派遣社員になるのってどうなの?メリット・デメリットを徹底解説

新卒での就職というと、正社員を目指して就職活動を行う方法が一般的です。

しかし、もう少し視野を広げると、あえて派遣社員を選ぶ方法もあるのです。では、新卒で派遣社員になるメリット・デメリットは何があるのでしょうか。

採用される可能性が高まる

採用される可能性が高まる

正社員のみ募集している求人以外に、派遣社員の求人も視野に入れることで単純に選択肢の数を増やすことができます。数少ない正社員の椅子を取り合わず、派遣社員という選択肢も含めて求人を探せるため、就職浪人を選ばず確実に就職したい方にうってつけの方法です。

また、終身雇用が当たり前だった以前とは異なり、転職もキャリアプランに含めた上で就職活動を行うことも珍しくありません。

派遣社員でも充分な経験を積むことは可能ですし、とりあえず社会人としての経験を積みたいと考えている方にはメリットの大きい就活方法でしょう。

経験という観点から言うのなら、派遣会社は優れた特徴を持っています。どんな会社に派遣されても良いように、ビジネススキル研修をしっかりと行ってから各会社に派遣されるためです。

年齢を重ねてからビジネスマナーを学ぶよりも、新人時代に失敗しながらでも着実にビジネススキルを身に付けたい方がほとんどでしょう。

今後どんなキャリアプランを歩むにしても、新卒として派遣会社で学んだ経験というのは貴重な財産となるのです。

自分と相性の良い仕事を見つけやすい

特に就職したい企業や業種が決まらないまま、就職活動の時期を迎えた学生も多いのではないでしょうか。新卒で就職できたは良いものの、イマイチ肌に合わず退職したり転職したりするケースは後を絶ちません。

そんなミスマッチを防ぐ方法として効果的なのが、派遣社員として採用されることです。派遣社員として採用され、多少なりとも興味のある業界で働き、本当に自分に合っているのかを確かめられるのです。

仮に肌に合わず辞めたとしても、正社員として退職するよりはスムーズに職場を離れることができるでしょう。

また、派遣先で正社員登用される可能性もあります。正社員へのなりやすさは職場ごとに異なるため一概に言えない部分もありますが、新卒として派遣社員になることで若さというアドバンテージが生まれます。

若い派遣社員というのは会社としても正社員登用しやすい理由になりますし、人間関係に問題がなければ充分あり得るルートでしょう。肌に合う仕事を探して、実際に見つかったら正社員登用を狙うというのは、充分派遣社員を選ぶ理由になるはずです。

あまり残業をせず、仕事が終わったらパッと家に帰りたい、と考えている方も派遣社員に向いています。新卒社員がたくさんの残業に悩まされる職場はそうありませんが、派遣社員はしっかりと時間で管理されているため、定時を迎えたらすぐに帰ることができます。

プライベートを大切にしたいという最近の若者のニーズにも適していますし、仕事内容よりも確実に定時に帰宅できることを重視したい、と考えている方に向いているのが新卒派遣なのです。

また、労働時間外でスキルを高めたい場合も、派遣社員は適しています。空いた時間を活かして英会話教室に通ったり、資格の勉強をすることで、派遣社員として活躍しながらも着実にスキルアップを図ることができるのです。

誰かに相談しやすい

誰かに相談しやすい

社会人になると、学生時代とは全く異なる経験に戸惑ったり、失敗を重ねることで自信を喪失しかねません。そんな精神的に不安定になりやすい時期に、相談できる相手がいるというのは大きいのではないでしょうか。

派遣社員になれば相談員からアドバイスを貰うことができ、右も左も分からない新人時代の大きな助けとなります。

また、派遣先の会社で何かトラブルに見舞われるかもしれません。そんな時も泣き寝入りせず、派遣会社の担当者に相談することで、派遣会社を通して会社に意見を送ってもらうことも可能です。

自分の将来についても相談できる環境が整っています。今の職場に対する不安だけでなく、どういったキャリアプランを立てるべきか、自分の職業適性について客観的な意見を貰えます。

社会人にもなって誰かに頼ってばかりでも良いのか、と思われるかもしれませんが、社会人だからこそ誰かに頼れる貴重な機会を無視することはできません。

学生時代では当たり前だったサポートも、社会人になることで失われます。派遣会社はそんな貴重なサポートを行っている存在でもあるのです。

大手企業に入社できる可能性

大手企業に入社できる可能性

大手企業に就職活動を通じて入社するのは、激しい競争を勝ち抜かなければならず至難の業です。大手企業には必然的に優秀な人材が集まるため、時の運も合わさって必ずしも希望の企業に入社できるとは限りません。

そこで選択肢として浮かび上がるのが、派遣社員として大手企業へ入社する方法です。大手企業でも派遣社員は広く募集していますし、就活から採用されるよりハードルはグッと下がります。

大手企業ではどんな働き方が浸透しているのか、どんな人物がいて会社を回しているのか、間近で見ることで自身を成長させる良い機会になることは間違いありません。正社員登用を受け入れる土壌があれば、そのまま大手企業へ入社する可能性もあるでしょう。

また、Aという大手企業で働いた後、別のBという大手企業へ入社するという贅沢な働き方を行えるのも派遣社員ならではのメリットです。

もちろん、現在就業している職場を辞める場合は契約更新を経る必要がありますが、短期間で複数の企業を体験できることは確かです。

ただし、あまりにも頻繁に仕事を変えていると派遣会社から目を付けられる可能性も否定できません。贅沢な働き方ではありますが、派遣会社としては一つの職場で長く働き続けられる派遣社員を求めていることを覚えておきましょう。


完全自由に選択肢が与えられるわけではない

いくつかの選択肢から働きたい職場を選べることは確かですが、あくまでリストアップされた職場から選ぶことになります。自分で全ての選択肢の中から派遣先を選べるわけではなく、また人気の高い派遣先は当然倍率も高くなります。

交通費が支給されるとも限らないので、指定された派遣先へ通うのに交通費がかかる場合、ある程度の出費も覚悟しなければなりません。

どうしても働きたくない職場はスルーできるというメリットはありますが、その場合は収入が減るリスクも背負わなければならないのです。

収入が安定せず正社員と給与面で差がつく

収入が安定せず正社員と給与面で差がつく

新卒で派遣社員になる場合、一番のネックになるのが収入面の問題でしょう。派遣社員に賞与はありませんし、派遣先ごとに時給も異なるため、収入が安定しない問題には常に悩まされることになります。

新人時代は正社員採用された社員もまだ給与はあまり高くないため、そこまでの差は生まれないかもしれませんが、キャリアを積んでいくほど給与面に差が生まれていくことは確かです。

派遣社員の場合、支給される給与に交通費や賞与分が含まれていると解釈されることがほとんどなので、大幅な給与の増額は期待できません。

また、派遣先企業で長く働き続けたとしても、経営難の煽りを受けてあっさり首を切られる可能性も否定できません。

派遣社員は経費削減としてうってつけの存在であり、慣れてきた職場を離れてまた一から人間関係を構築しなければならないのです。この点も、収入が安定しない原因の一端と言えるでしょう。

大きな仕事を与えられない

多くの派遣先企業では、派遣社員には大きな仕事を任せず、事務仕事などあまり責任の大きくない仕事を回す傾向にあります。派遣社員はあくまで正社員へのサポートが求められており、なかなか主役にはなれないのです。

また、責任の大きい仕事が回ってこないということは、自分を成長させる機会にもあまり恵まれない可能性が高いということでもあります。仕事内容も限定的になるため、スキルを磨くという観点でも厳しいでしょう。

新人時代は社会人としてのビジネススキルを学びつつ働けるため、限定的な仕事でも有意義な時間になるかもしれませんが、その時間が長く続くほど学ぶものも少なくなっていくのです。

また、派遣先によってはデスクワークではなく肉体労働に従事する場合もあります。倉庫管理や引越し作業などが代表的ですが、必ずしも全ての業務が将来に繋がるとは限りません。

時給はデスクワークに比べて高くなる傾向にありますが、それでも賞与が支給される正社員よりは劣ります。残業代で稼ごうと思っても、派遣社員は時間がキッチリ決まっていることが多く、時間内に作業を終えることがほとんどです。

深夜勤務を選べばある程度収入アップを期待できますが、やはり安定性がネックとなることに変わりありません。

正社員登用されるとは限らない

派遣社員として働いている方の多くが正社員登用を目指していますが、必ずしも正社員登用されるとは限りません。企業の受け入れ体制が整っていないこともあるため、正社員登用を目指す場合は過去正社員登用が行われた企業を中心に受けていくことになります。

紹介予定派遣と呼ばれる形態の場合は、直接雇用に関する情報が求人情報に記載されているため、細かくチェックすることが大切です。

正社員登用されない日々が続く中で、精神的に不安定になる可能性も否定できません。正社員を目指して働いている場合、周囲の正社員に対して劣等感を抱いてしまう方も少なくないのです。

そうした気持ちは簡単には解消されませんし、新卒派遣のように20代で働いている方であってもネガティブな気持ちに苛まれてしまう可能性もあります。給与面でも与えられる仕事の内容でも、同じ職場で働いている以上その差が如実に現れてしまうのは辛いところです。

新卒派遣はキャリアプランも考えながら

新卒派遣はキャリアプランも考えながら

新卒派遣として働く場合、このようなメリット・デメリットが存在します。定時に帰宅でき、相談相手を見つけやすいメリットはありますが、同じ新卒社員と比較して賞与の有無などどうしても目に付いてしまうデメリットもあるのです。

いずれにせよ大切なのは、将来的なキャリアプランを考えながら新卒派遣として働くことでしょう。このまま派遣社員として働き続けるのか、それとも正社員への道を探すのか、その点も考慮しながら職探しを行うことが大切です。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。