他の就活生と差を付ける!「第1志望ですか?」と聞かれた際の答え方

就活の面接では「第1志望ですか?」という質問が頻繁に登場します。企業としては内定辞退をする人が増えている状況を考慮し、確実に入社してくれる人を選び出そうとしているのです。

では、この質問に対してどのような答え方をしたら他の就活生に差をつけられるのでしょうか。

典型的な答え方に潜む問題点とは

典型的な答え方に潜む問題点とは

面接で第1志望かどうかを聞かれたときに無難な答え方は「御社が第1志望です」と言い切ってしまう方法です。

例え他にもっと魅力的な企業があって応募している場合でも、第1志望だと言うだけなら可能でしょう。

ただ、内定が出てしまったときにどのようにして保留してもらうか、あるいは辞退するかが悩みになりがちです。

言葉を添えて対策を立てよう

第1志望だと言った方が印象は良いのは確かですが、本音では他の企業を第1志望にしているのならその意図を匂わせる言葉を添えておくと内定の保留や辞退をしやすくなります。

「今、第1志望は御社だと考えていますが、他の企業も応募しております。その経過次第では他社を選ぶこともあるかもしれません。」といった形で正直に伝えても良いでしょう。

ただ、このような言い方をしてしまうとネガティブに捉えられて不採用になってしまうリスクもあります。

ポジティブな印象を与えつつ意図を組んでもらおう

第1志望かどうかという質問に対しては、次のように答えると他の就活生との差をつけられます。

「他にも魅力がある企業があって応募しています。ただ、御社のこのようなところが素晴らしいと考えているので、内定をもらった際には第1に考えたいと思います。」

このように答えると志望先の企業に対してポジティブな印象を与えつつ、他にも興味を持っている企業があることも伝えられるでしょう。

第1志望でないときにもポジティブに答えよう

第1志望でないときにもポジティブに答えよう

最も行きたい企業の面接で第1志望かと聞かれたら率直に答えれば問題ありませんが、そうでない場合にはうまく好印象を与えられるように答えることが大切です。ポジティブな印象を持ってもらえるようにしつつ、もし内定の保留や辞退が必要になったときのためにやんわりと意図を伝えておくのが良いでしょう。

他の企業も応募していることを単に伝えるのではなく、志望先の企業の魅力も添えて優先的に考えたいという意志表示をするのが大切です。

チアフル就活は、人材紹介を行う株式会社プロバイドジャパンが運営する就活生向けの就活お役立ち情報メディアです。就活の基本情報からエントリーシートやインターンシップ、面接・マナー、先輩社会人の就活体験談を配信しています。